×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ跡を化粧水・薬で自宅で治す方法!

ニキビ跡を自宅で治す3つのポイント!

ニキビ跡は、ニキビの中でも最も治しにくいニキビです。
ニキビが出来やすい体質で敏感肌の方は特に悩みの
種だと思います。

 

 

ニキビ跡は、簡単に言えば肌の炎症です。または、色素沈着
によるシミの状態の事を指します。
ニキビ跡が重症すると、一生治らない場合もあります。または、
半年から一年、それ以上治すのに時間がかかるのがニキビ跡です。

 

そのような事を言うと非常に怖くなりますが、当サイトで説明している
正しいケアをしていれば、早く改善することもできます。
さらには、医療技術がすすみ今まで治せなかった重症のニキビ跡でも
今ではかなり目立たなくなるまでになってきているので、諦めずにしっかり
毎日ケアしていきましょう。

 

 

ニキビにはさまざまな種類があります。自分にあったニキビケアは非常に
重要です。間違ったケアはトラブルの原因になります。
あなたに合ったニキビ化粧水や薬・生活習慣の見直しをアドバイス
させてもらいます。

 

ニキビ跡の種類と原因を知ろう

 

赤みが残るニキビ跡

 

ニキビが治った後に、赤みだけが残った状態です。主な原因として
ニキビが炎症を起こした際、毛穴の周りでうっ血することで赤みが
残りこのような状態になります。

 

予防・改善方法

 

 

茶色・紫色のシミが残るニキビ跡

 

シミが残ったニキビ跡は色素沈着によるニキビ跡です。ニキビの炎症により、
毛細血管が破裂した際に血がにじみ出た状態です。
赤みが残るニキビ跡とはよく似ていますが間違わないように注意も必要です。

 

予防・改善方法

 

 

クレーター・凹凸したニキビ跡

 

ニキビ跡の中でも一番治しにくいとされているニキビ跡です。
赤ニキビが悪化し、強い炎症を引き起こし細胞を破壊する事で
このようなニキビ跡になってしまいます。
クレーターニキビ跡になる前にしっかりケアする事が大事です。

 

予防・改善方法

 

 

以上ニキビ跡にはこの3種類に分ける事が出来ます。
この中からあなたのニキビに合った最善の予防・改善方法を知り、
早速今から実践していきましょう。
ニキビ跡は治せない病気ではありません。諦めずに正しいケアを心がけましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加